税金の種類

MENU

税金の種類

税金のは種類と言うと、直接自分に関係がある所得税と住民税を思い浮かべる人が多いのですが、そのほかにもいろいろとあります。一度整理しておくといいでしょう。税金の分類方法としては、マトリクスになるので、文章ではわかりにくいでしょうが、縦軸に納め先、横軸に納め方を取ると分かりやすくなります。

 

まず縦軸のどこに収めるかですが、国に納めるものがあり、これが国税と言います。地方公共団体に収めるものを地方税といい、地方税はさらに都道府県税と市町村税に分かれます。次に横軸の納め方ですが、納め方によって、直接税と間接税に分かれます。納める人イコール負担する人が直接税で、納める人と負担する人がイコールでないものを間接税と言います。後者は消費税が典型です。消費者が負担するのですが、納めるのは事業をしている人というわけです。

 

さて、直接税の国税は、所得税、法人税、相続税、贈与税などであり、間接税の国税は先ほどの消費税、酒税、たばこ税、関税などになります。では、税金の種類の内、直接税の地方税、それも道府県税は事業税、自動車税などであり、間接税の道府県税は地方消費税、道府県たばこ税、ゴルフ場利用税などとなります。そして、直接税の地方税で市町村税は市町村民税、固定資産税、軽自動車税などであり、間接税の市町村税は市町村たばこ税、入湯税などになります。これらが税金の分類と種類ということになりますが、参考までに何に対して課税するかで、個人や法人の所得に対する課税を所得課税、商品やサービスの提供に対する課税を消費課税、相続や資産に対する課税を資産課税等という分類もあります。