出産費用にお金はいくらかかる? 具体的な金額や支払い方法について

MENU

出産費用にお金はいくらかかる? 具体的な金額や支払い方法について

出産費用は、通院費用と入院費用が主なものになりますが、その中でも普通分娩と、帝王切開によって大きく分かれます。通院のお金は自治体から補助が出る場合がありますが、妊娠3か月から始まり、安定期に入るまでは2週間に1回のペースで通院します。毎回約1000円から3000円の受診料がかかります。妊娠14週を過ぎたころからは受診は1か月に1回のペースに減りますが、24週ころからまた2週間に1回のペース戻ります。最後、36週以降は出産まで1週間ごとに通院することになりますので、この辺りでは通院にお金がかかります。

 

入院の出産費用ですが、一例として一般的な産院でかかるお金を紹介します。普通分娩の場合、経産婦は57万円、初産婦は60万円になります。帝王切開の場合は経産婦、初産婦関係なく、63万円から65万円ですが、どちらの場合も胎児の状態によっては出産を遅らせる、または早める薬を処方されたり、貧血の薬を処方されたりといったケースで出産費用が割増しになっていきます。

 

たいてい、安定期に入ったあたりで入院の頭金として10万円から15万円をおさめる産院が多いようです。帝王切開の方が費用がかかるため、頭金の額も大きくなります。上記の費用から、出産一時金として健康保険に加入されている場合は42万円、産科医療補償制度の対象外となる出産の場合は39万円が支給されます。以前は全額支払った上で、還付される形でしたが、現在は産院の方で手続きをしてくれるので出産一時金と頭金で支払った額を差し引いた額が最終的に請求されるお金になります。