住宅ローンに対するキャッシングの影響

MENU

住宅ローンに対するキャッシングの影響

子供が生まれたことをきっかけに、マイホームを建てたいと考える人もいます。日ごろからコツコツ節約して、マイホームの資金を貯めている人もいますが、上手に住宅ローンを利用すればお得にマイホームを建てることができます。住宅ローンを扱う金融機関は沢山あるので、どこに申込めばいいか迷う人もいることでしょう。

 

金融機関によっては、金利もかなり違うので、少しでも低い金利の金融機関を比較して選ぶことが大事です。金利が1%違うだけでも、長い期間返済しているとかなりの返済額が違うことになります。
金融機関によっては、キャンペーン期間だけ金利を優遇していることがあります。金利が優遇される場合は、公共料金を口座引落しにすることが条件だったり、給料の振込が条件なこともあるので、よく条件を確認して申込みましょう。条件を解約した場合は、優遇適用金利も取り消されることもあるので気をつけてください。

 

住宅ローンに申込むと厳しい審査があります。キャッシングなどで他社の金融機関などから借金があると、住宅ローン審査に影響がでます。キャッシングは完済しているので、審査には影響がないと考えている人もいますが、キャッシングの限度額が借入残高として計算されるので、借入をしていなくても審査には影響がでます。審査の影響を無くすためには、キャッシングの解約をするといいでしょう。クレジットカードなどもキャッシング枠があると、審査に影響がでるのでキャッシング枠をゼロにすることが大事です。