本人死亡(家族なし)消費者金融の借金はどうなるの?

MENU

本人死亡(家族なし)消費者金融の借金はどうなるの?

消費者金融にしても銀行にしても個人が借りたお金は必ず返済しなければなりません。これはマイナスの財産とも呼べる債務であり、死亡すると誰かが相続する権利が発生します。本人死亡の場合にはその債務は相続人が相続することになりますが、相続人が相続放棄をした場合には債務を引き継ぐ必要はありませんが、プラスの財産も相続を放棄することになります。このため実際に財産を処理して精算できるのであれば相続人が相続して精算するケースもあります。また家族なしの場合にも相続する相手が存在しないため基本的には消費者金融が貸し倒れとして損金処理することになります。

 

なお、消費者金融の場合には本人死亡であっても損しない仕組みがあります。ひとつが団体信用生命保険に加入していることです。これは本人死亡した場合には家族などに債務が行かないように保険を掛けておくというもので、本人死亡した場合には保険によって弁済が行われる仕組みです。近年は消費者金融など小口融資を行っているローン商品ではあまり行なわれていませんが、住宅ローンなど借り入れる金額が大きい場合には住宅ローンを借りるさいの条件となっている場合もあります。

 

なお、家族なしの場合でも保証人を付けている場合には保証人に返済義務が発生します。消費者金融の場合には自社の責任で保証人なしで融資を行ってくれますが、銀行などの場合には保証会社や消費者金融を保証人としているケースがあります。また家族なし信用状態の場合には借り入れるさいの審査が厳しい傾向にあります